最終的にメインのカードに落ち着いたセゾンカード

クレジットカードの普及は広がって、1枚以上複数枚所持している人も多いと思います。そういう私も現在2枚持っていて、最大3枚までもっていました。そのカードのうち現在、メインにしているカードはクレディセゾンのセゾンカードに落ち着いています。

まず最初に作ったのもこのセゾンカードですが、マスターカードも付いているということでメジャーなクレジットカードなので買い物でもカードが使えるところならほとんどのところで使用できると説明を受けて、いいだろうと思って決めました。海外旅行なども想定して、特にヨーロッパ方面ではマスターカードが強いという風にも勧められました。一番の決め手は年会費無料ということで、カードを作る当時、それほどカードの使用を想定していなかったので無料でないとお得感がなかったので決め手になりました。セゾンカードをたまに使用していたのですが、ツタヤカードの切り替え時にJCBのクレジット機能のカードに変更できるということで申し込み2枚目を作りました。

ツタヤを利用するときの支払いに便利だったのと申し込み時には年会費無料ということでそのまま作ることにしました。こちらのカードは実際にツタヤ利用時以外には使用しなかったので結局はメインのカードにならずに、しかも次の更新時には年会費無料でなくなるということで解約してしまいました。

3枚目はある会員カードに付帯した三井住友ビザカードです。こちらもかなりメジャーなカードで審査も難しいということで作れるのなら作っておいてもいいと思って作りました。こちらのカードの最初は年会費無料ということで使用頻度が高くなくても損をしないので迷わず作りました。しかしこちらのカードは更新時年会費が次から発生するということもあり解約もそのとき考えました。しかしリボルビング払いにすることよって年会費は無料になるということでとりあえずリボルビング払いにすることで継続することにしました、一定額を超えると利子が発生し、2ヶ月目に支払いが増えてしまうので超えないような使い方になっています。しかもポイントはセゾンカードなら永久不滅ポイントですが、三井住友カードはポイントに期限があることからポイントを集める上でもメインのカードにはなかなかなりませんでした。

ただ、三井住友ビザカードは審査も厳しく信用度も高いのでサブカードとして年会費がかからなければ所持しておいてもいいということで持ち続けています。3枚のカードを持った結果、結局セゾンカードがメインカードとして落ち着きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です