クレジットカード知らないことのこわさ

クレジットカードなんて、今じゃ誰でも持ってる。
20歳以上なら誰でも作れるんだよね。

私が初めてクレジットカードを作ったのは20歳になったばかりの6月のこと。

20歳になると親の承認がなくてもできることが増える。
例えばエステ。

学生の頃、ずっと毛深くて悩んでいたわたしは、街中で話しかけられたお姉さんに「今ならキャンペーン中で、無料で脱毛を体験できますよ!」と言われ、すぐに着いて行くことに。

ワクワクしながら初めてのエステサロンに入った。
「エステってこんなところなんだ〜。」
初めて入ったエステは、白が基調の綺麗なお店。部屋がたくさんある割には、お客さんは自分以外いないようだった。
綺麗なお姉さんに案内されながら個室に入り、脱毛についての簡単な説明を受け、指定のガウンに着替えてから早速機械を当てる。

その日は脇脱毛のみであり、5分もせず一瞬で終わった。
「すごい!!!」
初めて見る機械、冷たいジェル、ピッと光を当てられる感覚。
初めてのものを感じ、知らなかった世界を見て、少し大人になった気がした。

脱毛ってこんな感じなんだ。

ガウンから自分の着てきた洋服に着替え、個室を出るとお姉さんが待っていた。

「ではあちらでアフターカウンセリングをしますね」
案内されるがままに着いて行くと、鏡と小さなテーブル、椅子が置かれた狭い部屋に連れて行かれた。

アフターカウンセリングがはじまった。
「どうでしたか?」
「意外とあっという間で、痛くもなくてびっくりしました」
「そうなの!でもね、脱毛って一回当てただけではほとんど効果がないの。通い続けないとね」
「うちはすごく安くやっていて、全身の6回コースが今日契約するなら20万円であと6回ついてくるの!いま、まわりの友達もみんな脱毛してるでしょ?こうやってみんの初めていくんだよ。自分だけ立つもしていなくていいの?早いうちに、学生の時間があるうちにやったほうが絶対いいよ!わたしももっと早くすればよかったと思ってる」

完全にセールストークがはじまった。
しかし、当時20歳のわたしはお姉さんの言葉にすっかり心を動かされていた。

「20万円、いまは払えないよね。そしたらクレジットカード持ってる?」
「持っていないです」
「じゃあ作りにいこうか!」

促されるままにわたしは近くのデパートへ行き、この時初めてクレジットカードを作った。

20万円を払うためのクレジットカード。当然一度に払えないためリボ払いになる。
1万円支払いを約2年間。
わたしのクレジットカード生活はこうやってはじまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です