使い勝手のよい楽天カード

何年も前からメインのクレジットカードは楽天カードを使っています。
もともと、楽天市場で買い物をする機会が多く、楽天カードで買い物をするとポイントが1%上乗せされ、2%になる点に魅力を感じて申し込みました。
楽天市場には様々なジャンルの買い物ができるシステムが整っており、買えないものはないのではないかと思われるほど、日常で必要なものは大抵そろいます。
そのため、買い物をするたびに楽天カードのポイントが2倍貯まるのはかなり魅力です。
楽天カードは年会費が無料ですが、年会費が無料でポイントが2%貯まるカードを他に知りません。
大抵は年会費がかかったり、ポイントの使用方法が煩雑だったり融通が利かなかったりと高還元率のカードにはなにかデメリットがあることがありますが、楽天カードは、貯まったポイントが楽天市場で利用できますので、常に2%オフで買い物をしているのと同じという事になります。
又、楽天の提供するサービスでもカード利用で様々な特典が得られるのもメリットです。
楽天市場では、ポイント倍付キャンペーンを頻繁に行っており、運がよければポイント10倍キャンペーンが行われていることもあります。カードを利用するだけもお得なのに、ポイントが更に倍付されるため、面白いくらい楽天ポイントが貯まります。
貯まった楽天ポイントは期間限定の場合、期限が設定されており割と短めの設定ですので、そこだけは注意が必要ですが、とにかくポイントが貯まるのが早いので、楽天市場を頻繁に利用する方は楽天カードを作ったほうが絶対にお得です。
楽天市場だけでなく、日常のカード利用でも1%のポイントが還元されますので、還元率は高めと言えます。
スーパーで食材を買ったり携帯代やプロバイダ料金、公共料金などの支払いも楽天カードならポイントが1%貯まりますので、日常の支払いすべてに楽天カードを利用しているとかなりポイントが貯まります。
楽天カードは、JCBやVISA、Master Cardなどの中から選べますが、楽天カードを作るならJCBがおすすめですし、実際に人気の傾向にあります。
楽天カードは、JCBのみnanacoカードにチャージした際ポイントがつく仕組みになっています。
nanacoにクレジットカードでチャージしてポイントがつくカード会社はいくつかありますが、多くのカード会社はポイント還元率を大幅に下げたり、ポイント自体を廃止する傾向にあります。
その点楽天カードのJCBはチャージした際にしっかり1%のポイントがつきますので、固定資産税や自動車税の支払いが実質1%オフということになり、年会費無料のカードでは最強と言えるでしょう。

楽天JTBカードを作りました

楽天JTBカードを作りました。もともと、楽天市場の利用頻度が高く楽天ポイントを貯めることも多かったのでいっそのこと支払いもまとめて楽天のJTBカードに加入したほうがお得だと考えて申し込みを行いました。申し込みに関してはインターネットで申し込むだけで後は証明書を送るだけです。クレジットカードを作るだけで楽天ポイントが5,000ポイント付与されるだけでなく、年会費も無料なので本当にお手軽です。個人的にはクレジットカードを作ったと言うよりも楽天グループのサービスをよりお得に簡単に使うための楽天JTBカードを作る作業だったと思っています。おかげさまで楽天グループのサービスを使うたびにポイントが非常に貯まりやすくなりました。私の場合は、楽天のゴルフ予約サイトやCDやDVDのレンタルサービス、旅行の予約なども含めて楽天グループをまとめて使っていますのでポイントが2倍や3倍になるときには楽天JTBカードを使うだけでかなりのポイントがたまることになります。楽天カードにJTBをつけたのは海外での利用よりも国内の利用が非常に多く、国内でのクレジットカードの利用に関してはJTBカードの方がお得だと認識したからです。私自身、JTBカードを以前から使っていましたのでそちらを解約して楽天のクレジットカードとしてJTBを使うことにしました。
楽天JTBカードは何といっても年会費が永年無料と言うだけではなく、ポイントの付与率が通常のクレジットカードの利用よりもかなり高い付与率になります。通常のクレジットカードの利用ではお買い物に対して1%のところ楽天JTBカードにはショッピングに対して1%のポイント付与に加え、キャンペーンであればさら加え、キャンペーンであればさらに高いポイントも付与されることになります。特に最近では楽天JTBカードで貯めた楽天ポイントを実在の店舗で現金として使える楽天ポイントも始まり、さらに利便性が高まっています。自分自身のライフスタイルを見直したときに、今は楽天グループに固めてクレジットカードも利用することにして非常に良かったと思います。
最近は単独でクレジットカードを作るのではなく様々なサービスとセットで作ることが多くなっていますが、自分自身の生活を見直したときにどのサービスとセットでクレジットカード作ったら便利になるのかゆっくり考えてみるべきだと思います。きっとセットで作った方が長い目で見た時にメリットが出てくる事は間違いありません。

還元率の高さが魅力の、漢方スタイルクラブカード

クレジットカードは、還元率の高いものを探しているときに比較サイトで知った漢方スタイルクラブカードを使っています。
還元率が最も高いものは他にもあったのですが、使い勝手から漢方スタイルクラブカードに軍配が上がりました。
当時は、nanacoカードにクレジットカードを使ってチャージするとポイントがつくという裏ワザが流行しており、私も固定資産税や車の税金を支払うのにその方法を利用しました。
私が申し込んでから一年でその方法はポイント還元率が大幅に下がってしまい、nanacoカードのチャージに関してはあまりうまみがなくなってしまいました。
又、還元率も入会したての頃は1.75%でしたが、その後1.5%に下げられてしまい、インターネット上では改悪といった感想や評価が多く見られました。
ですが、1.5%の還元率はクレジットカードではかなり良いほうですし、漢方スタイルクラブカードのWEBサイトで会員用サイトにログインすることで、カードの利用状況を確認したり、ポイント還元の手続きをはじめとした各種手続きが行なえる便利さがありますので、引き続き利用しています。
漢方スタイルクラブカードは、割とマイナーなカードである割にネット上の評判が非常に良かったのは、nanacoカードにチャージする際に通常利用時とおなじだけのポイントが貯まるというメリットがあるのが大きかったと思います。
その他にも他のクレジットカードに比較して還元率が高めという点があります。
1.5%でもまだまだ高いほうですし、最も私が気に入っているのがポイントの還元方法で現金が選べる点が挙げられます。
漢方スタイルクラブカードと比較されることの多いカードは、もう少し還元率が高いものもありますが、ポイントの還元に現金が選べないものもあります。
漢方スタイルクラブカードのポイント還元は、現金以外にも寄付やマイレージに交換など、ポイントの還元先が豊富なのも高い評価を得ていますが、現金にした場合は月々の請求額からの値引き分に適用してもらえる点が最大のメリットと言えます。
税金などのnanaco払いは実質ほとんどポイントはつかなくなりましたが、yahoo!公金というサービスを使えば少しの手数料を払うだけでカード払いを利用できます。
このサービスを利用するポイントは、分割払いのほうが手数料が安いことが多いので、分割して払える場合は分割を選ぶことです。
その他、公共料金や通信費なども、還元率の高さの恩恵を得られるのでクレジットカード払いにしています。

楽天カードとエポスカードの比較

私はプライベートで楽天カード、丸井系列のエポスカード、ANAカードの3つのクレジットカードを所持しています。現在オーストラリアに住んでいるので支払いのほとんどがクレジットカード払いなので大変重宝しております。さて、上記に挙げたうち主に使う楽天カードとエポスカードの2社の比較なのですが、支払いなどの情報で利用するアプリの使いやすさはエポスカードの方が安易です。利用履歴がカレンダー表記されるため管理がしやすいです。またアプリを開くと自動ログイン扱いになり、いちいちパスワードを入力する手間を省くことができます。ところが自動ログインだとセキュリティが心配かと思いますが、ログイン毎、つまりアプリを開くたびに予め登録したメールアドレスにログインした旨の通知が来るので、自分の知らないところでアプリが開かれても安心です。もちろんさらに詳細を確認したい際はIDとパスワードが必須の画面が出てくるので、万が一何かあった際も情報が他者にバレることは極めて少ないと言えます。楽天カードのアプリも同じく使いやすいです。最近指紋認証でのログインが可能になり、私はiPhoneユーザーなのですが、ホームボタンに指紋を登録することで楽にログインが可能です。ただしカレンダー表記が無いため、エポスカードと比べると若干の不便さを感じますが問題ありません。次にクレジットカードのポイントです。利用すればするほど貯まるポイントの還元率は楽天カードの圧勝だと確信しています。また溜まったポイントを楽天市場にそのまま利用可能なところもありがたいです。エポスカードももちろんポイントを貯めることはできますが、楽天カードよりも若干ポイント還元率が悪いので、頻繁に、また毎月結構長くをクレジットカード払いにされている方は還元率は侮れないサービスだと思います。個人的な意見ですが、エポスカードだとスターバックスカードに交換ができるため気に入っています。続いてデザイン面。エポスカードは基本、レッドとシルバーの2色から選択可能で、プラス約500円で多彩なデザイナーズカードからの選択も可能です。ただしデザイナーズカードを選択するとカードが手元に届くまで若干時間がかかるため、お急ぎの方は上記の2色のみとなります。楽天カードはお馴染みのシルバー1択です。シンプルなので、カードデザインに特にこだわりのない方なら全く気にならないでしょう。ひとえにクレジットカードといっても多方面から比較できるため、便利かつ魅力的です。

クレジットカードを上手に使うには!

最近ではいろんな機能のついた、クレジットカードが、たくさん出回っています。私も、クレジットカードを、2年くらいまで、7枚くらい使っていましたが、まとめた方が、特典も多く使えると、友人から聞き、最近は、2種類のクレジットカードにしています。1つは、山陰合同銀行からでている、Duoカードです。主に、電気、水道、ガスなどの公共料金を始め、携帯、固定電話などの通信の料金、新聞代、マンションのローン、保険料、スポーツジムの月謝などを引き落としています。以前は、これらの料金をいくつかのカードから、引き落としていたため、カードのポイントが、ばらついてしまい、特典を有効利用できなかったのです。また、外食した時の代金や、洋服などを購入したりする時もこのクレジットカードを使います。私は、クレジットカードをのポイントが、たまると、商品券に交換しています。まとめたおかげで、結構な額の商品券に変えることが、できて、とても、助かっています。ただ、まとめるのは、良いのですが、一回引き落としの額が、高額になってしまい、クレジットカードの限度額を超えてしまい、たいへんな思いをしたこともあります。とりあえず、限度額を60万円までに、引き上げてもらうことで、そのトラブルは、なんとか解決しました。2つ目のクレジットカードは、ガソリン専用のクレジットカードです。私は、IDEMITU CARDのmydoplusを使っています。地方に住んでいるため、自動車は移動手段として、必需品のため、ガソリン代は、家計の中でも、結構な額を支払っています。このクレジットカードの特典は、ガソリン代が安くなるため、ガソリン代専用のクレジットカードは、手放すことが、できません。クレジットカードには、とても、助けられていますが、リスクもやはり、隣り合わせです。現金で払わなくても良い分、余計な買い物をしてしまうことも、しばしばあります。現金だと、財布に入っているだけしか、買い物はできないけれど、クレジットカードを使えば、洋服なども、気が大きくなってしまい、ついつい欲求のままに買ってしまうことも多いのです。後悔あとにたたずです。クレジットカードの請求書をみて、びっくりするようでは、いけないですよね。節約する意味で、使っているクレジットカードのはずなのに、こんなことを繰り返していたら、本末転倒です。意志を強くもって、クレジットカードを使わなければ、と痛感するばかりです。上手にクレジットカードを使い、将来のために貯蓄もできるように気持ちを引き締めて、頑張っていきたいと思います。

簡単に作れてお得なクレジットカード

私も今現在使っている、満足度大なクレジットカードが楽天カードです。

CMでもおなじみですし、ネットショッピングを利用する方は楽天市場を使われる方も多いでしょうが、その際に必ず楽天カードはサイトのサイドで紹介されています。

なので知っている方も多いと思いますが、この楽天カードのクレジットカードの良さについてご紹介したいと思います。

まずは、簡単に作れるということです。

郵送で申し込み書を贈るということは一切せず、今時らしくペーパーレスで365日24時間対応しているネットでの申し込みができますから、忙しい方でもスマホからいつでも申し込むことができます。

さらに、楽天カードは審査がゆるいことでも定評があります。

普通は職業欄などがあって、専業主婦などの方は扶養者の勤務先を記載しなければいけませんが、そういったものが一切ないので、過去にクレジットカードで問題を起こしたことがある(支払い滞納など)方以外はすんなりと審査に通りやすくなっています。

審査が通った後は大体1週間前後で手元にクレジットカードが届きます。

そして、もう1つこのクレジットカードのメリットは、年会費無料でポイント還元率が高いということです。

100円につき楽天ポイントが1ポイント贈与されますから、還元率は1%となります。

これはかなり高い方で、他社と比較してもだいぶ良いものとなっていますし、そのポイントも楽天市場で1ポイント1円として使うことがいつでもできますし、楽天カードを使って端数の支払いをすれば、その分も楽天ポイントとして加算されるので、とてもお得です。

しかも、キャンペーンなどを行っている時にはこのポイントが2倍になったり最高10倍などとうたっていることがあるので、そういった時期に楽天カードを使って楽天市場で商品を購入すると、ポイントがどっさり加算されます。

最後は海外旅行保険についてです。

これは自動付帯ではなく、利用付帯となり、海外へ行くまでの往路の交通費の一部を必ず楽天カードを使って支払っていなければ海外で何か問題が起きた際に保険を申請してもおりません。

ですが、常に楽天カードを使って航空券を購入するなどしておく癖をつけてしまえば、そういったこともあまり気にせず、海外旅行で被害にあった時などに申請をすることができて安心です。

このように年会費無料で審査のゆるいお得なクレジットカードとして楽天カードはとてもおすすめです。

今、どのクレジットカードを作ろうか悩んでいるという方にはおすすめです。

http://tsucreca.com/

初めて作ったクレジットカード

私は大学生になって、四年が経過して初めてクレジットカードを作成しました。クレジットカードを作った経緯は、就活及び研究室に配属した時に県外に行く機会が増えると思ったからです。クレジットカードを持ってから半年が経過しました。実際はと言うと、県外で使うだけではなく、ネットショッピングでも使う機会がたくさんあります。クレジットカードを使うことで、ポイントが付くということがメリットとしてよく言われていますが、それだけでなく手数料がかからないなどといった特典も付いてきます。私は、ライフカードというクレジットカードを使っていますが、これを選択した経緯はなんといっても年会費が無料という点に惹かれたからです。その他のカードにも年会費がかからないカード会社もありますが、電話が頻繁にかかってきたりといったよくない情報も耳にすることがあったので、まずはお試しという形で作ろうと思いました。最初の頃は時折電話がかかってきましたが、無視をしました。あとで確認すると、ポケットワイファイの販売だったらしく、電話に出なくてよかったなと思います。しかし、それ以降は全く営業の連絡もなく、とくに不自由していません。クレジットカードを作るときは、しっかり下調べをするべきだと思います。例えば、ポイントを中心に考えるのではあれば、自分が良く利用するショップのポイントがしっかりと付くのか、あるいは航空関係であればマイルがたまるのかなどです。特にマイルに関しては、そのマ溜まったマイルが使いやすいのかなどしっかり下調べをしておくべきだと思います。私は、先ほどのべたようにまずはお試しという形で始めたので、良く使うAmazonのポイントさえ付けばいいかなということで、ライフカードを使うことにしました。最後に、クレジットカードを使ってくると、金銭感覚が薄れてくることに注意してください。便利である反面、銀行口座から自動で引き落としされるので、お金を見ることなく買い物を楽しむことができます。そのため、クレジットカードを使う際にはくれぐれも計画的にショッピングを使うようにしてくだい。私自身もこれから先クレジットカードを使うにつれてメリットとデメリットを見つけていくことになると思います。いい面があれば悪い面もあると思うので、自分にとって悪い面の影響が最も小さいくなるように選択してほしいと思います。セキュリティ面にも気をつけてください。くれぐれもクレジットカードは自己管理です。

クレジットカード知らないことのこわさ

クレジットカードなんて、今じゃ誰でも持ってる。
20歳以上なら誰でも作れるんだよね。

私が初めてクレジットカードを作ったのは20歳になったばかりの6月のこと。

20歳になると親の承認がなくてもできることが増える。
例えばエステ。

学生の頃、ずっと毛深くて悩んでいたわたしは、街中で話しかけられたお姉さんに「今ならキャンペーン中で、無料で脱毛を体験できますよ!」と言われ、すぐに着いて行くことに。

ワクワクしながら初めてのエステサロンに入った。
「エステってこんなところなんだ〜。」
初めて入ったエステは、白が基調の綺麗なお店。部屋がたくさんある割には、お客さんは自分以外いないようだった。
綺麗なお姉さんに案内されながら個室に入り、脱毛についての簡単な説明を受け、指定のガウンに着替えてから早速機械を当てる。

その日は脇脱毛のみであり、5分もせず一瞬で終わった。
「すごい!!!」
初めて見る機械、冷たいジェル、ピッと光を当てられる感覚。
初めてのものを感じ、知らなかった世界を見て、少し大人になった気がした。

脱毛ってこんな感じなんだ。

ガウンから自分の着てきた洋服に着替え、個室を出るとお姉さんが待っていた。

「ではあちらでアフターカウンセリングをしますね」
案内されるがままに着いて行くと、鏡と小さなテーブル、椅子が置かれた狭い部屋に連れて行かれた。

アフターカウンセリングがはじまった。
「どうでしたか?」
「意外とあっという間で、痛くもなくてびっくりしました」
「そうなの!でもね、脱毛って一回当てただけではほとんど効果がないの。通い続けないとね」
「うちはすごく安くやっていて、全身の6回コースが今日契約するなら20万円であと6回ついてくるの!いま、まわりの友達もみんな脱毛してるでしょ?こうやってみんの初めていくんだよ。自分だけ立つもしていなくていいの?早いうちに、学生の時間があるうちにやったほうが絶対いいよ!わたしももっと早くすればよかったと思ってる」

完全にセールストークがはじまった。
しかし、当時20歳のわたしはお姉さんの言葉にすっかり心を動かされていた。

「20万円、いまは払えないよね。そしたらクレジットカード持ってる?」
「持っていないです」
「じゃあ作りにいこうか!」

促されるままにわたしは近くのデパートへ行き、この時初めてクレジットカードを作った。

20万円を払うためのクレジットカード。当然一度に払えないためリボ払いになる。
1万円支払いを約2年間。
わたしのクレジットカード生活はこうやってはじまった。

セゾンのクレジットカードの永久不滅ポイントの貯め方

永久不滅ポイントのクレディセゾンのクレジットカードは、ネーミングそのままでポイントは期限なし。ゆっくりたっぷり貯めて、例えばハワイ旅行とかの超大物との交換を狙って貯めることもできます。私は長年セゾンのMUJIカードを使っています。年会費は無料だし、ポイントは永久不滅だし、なかなかよいようにも思えますが、永久不滅ポイントはカード利用に対しての還元率が計算すると0.5%になるのです。楽天カードやyahooカードなど、最近は還元率1%のクレジットカードが増えているので、セゾンカード、還元率が実はそれほどよくはありません。

実はこの永久不滅ポイント、カード利用以外で貯める方法があり、私は毎週のように実行しています。それはネットでショッピングする際には、「永久不滅サイト」を経由して買い物するということ。最低でも2倍のポイントが付くので、還元率がほぼ1%になります。サイト経由でポイントUPとなるのは、Amazon、楽天、yahoo(ヤフオク、Lohacoを含みます)、ZOZOTOWN、Joshin、ベルメゾン、じゃらん、ぽんぱれ、と多岐に渡ります。私が買い物する先はほとんど網羅しています。買い物だけではありません。旅行の予約とか、航空券の予約もポイントが貯まるし、サイト経由で、引っ越しの見積もりを頼んだり、保険の見積もりを頼んだりしてもポイントが貯まります。見積もりだけでポイントがもらえる。かなり太っ腹なシステムです。その他、アンケートに答えたり、ゲームをして貯めたりもできるので、こまめな人ならかなりポイントが貯まりそうです。ちなみにポイントが貯まると私はAmazonのギフト券に交換しています。200ポイントで1000円分。交換を申し込むとすぐにギフトコードが発行されるので便利です。

また、私が愛用しているMUJIカードは、その名の通りMUJIで買い物するとかなりお得になるカードでもあります。まず、年に数回ある「無印良品週間」は、カード利用で全商品10%オフになります。これはかなり大きい。MUJIでの買い物は永久不滅ポイント3倍になりますので、この時とばかりまとめ買いします。さらに、毎年5月と12月に、MUJIショッピングポイントが500ptプレゼントされます。金額にすると合計1000円分。これはMUJI専用のポイントなので、5月と12月の「無印良品週間」には必ず買い物しています。また、自分の誕生日の月にMUJIで買い物すると、やはりMUJIショッピングポイント500ptがプレゼントされます。MUJIで買い物させようという戦略も見えますが、無印良品が好きなら持っていても損はないカードだと思うのでした。

高還元率のクレジットカードについて

クレジットカードは、還元率の高いタイプが人気です。
還元率が高ければ、使えば使うほどお得に買い物ができることになりますし、通常税金の支払いは割引されませんが、高還元率のクレジットカードを利用して支払いをすれば、還元されることによって税金が割引されるのと同じことになります。
高還元率をうたったクレジットカードといえば、リクルートカードやREXカードが有名です。
リクルートカードは、年会費無料で1.2%が常時還元されるシステムのクレジットカードです。
貯まったポイントは、リクルートグループのサービスを利用するときに使うことができます。
例えば美容院に行った時や旅行の代金の支払いに利用することができ、その時にもポイントが貯まりますので、リクルート社のサービスを頻繁に利用する方にはおすすめのカードです。又、JCBのリクルートカードの場合、nanacoにチャージする時にも1.2%のポイント還元を受けることができます。nanacoにチャージできるクレジットカードは年々減少傾向にあり、このリクルートカードはnanacoにチャージできるカードでは還元率は最高ランクです。
固定資産税や自動車税、市県民税などコンビニエンスストアで支払いのできるタイプの払込書は、リクルートカードからnanacoにチャージした分で支払うと、かなりの還元を受けることができます。
自動車税と固定資産税、市県民税は合わせると20万円を超える方も少なくありません。仮に20万円とすると、nanacoにチャージして支払った場合、2400円分ものポイント還元を受けることができます。税金をお得に支払いたい方は、リクルートカードを作るのがおすすめです。
ジャックスカード系列のREXカードや漢方スタイルクラブカードは、いつでも還元率が1.5%のお得なクレジットカードで、メインのカードとして人気のカードです。
家賃や光熱費、公共料金などの支払いをクレジットカードで行えば、毎月かなりのポイントが貯まります。
REXカードは、価格.comと提携していますので、価格.com経由で買い物をした場合は、還元率が1.75%になるのも見逃せません。
又、REXカードも漢方スタイルクラブカードも、貯まったポイントはマイルや支払いの値引き分として還元がうけられます。
毎月必ず生じる支払いは、これらのクレジットカードで支払うことで驚くほどポイントが貯まり、マイルや値引き分として受け取ることができます。
還元率の高いカードを使うと、年間に得する金額の差はゆうに1万円を超えますので、何となく作ったクレジットカードを使っている方は、見直しをお勧めします。

最終的にメインのカードに落ち着いたセゾンカード

クレジットカードの普及は広がって、1枚以上複数枚所持している人も多いと思います。そういう私も現在2枚持っていて、最大3枚までもっていました。そのカードのうち現在、メインにしているカードはクレディセゾンのセゾンカードに落ち着いています。

まず最初に作ったのもこのセゾンカードですが、マスターカードも付いているということでメジャーなクレジットカードなので買い物でもカードが使えるところならほとんどのところで使用できると説明を受けて、いいだろうと思って決めました。海外旅行なども想定して、特にヨーロッパ方面ではマスターカードが強いという風にも勧められました。一番の決め手は年会費無料ということで、カードを作る当時、それほどカードの使用を想定していなかったので無料でないとお得感がなかったので決め手になりました。セゾンカードをたまに使用していたのですが、ツタヤカードの切り替え時にJCBのクレジット機能のカードに変更できるということで申し込み2枚目を作りました。

ツタヤを利用するときの支払いに便利だったのと申し込み時には年会費無料ということでそのまま作ることにしました。こちらのカードは実際にツタヤ利用時以外には使用しなかったので結局はメインのカードにならずに、しかも次の更新時には年会費無料でなくなるということで解約してしまいました。

3枚目はある会員カードに付帯した三井住友ビザカードです。こちらもかなりメジャーなカードで審査も難しいということで作れるのなら作っておいてもいいと思って作りました。こちらのカードの最初は年会費無料ということで使用頻度が高くなくても損をしないので迷わず作りました。しかしこちらのカードは更新時年会費が次から発生するということもあり解約もそのとき考えました。しかしリボルビング払いにすることよって年会費は無料になるということでとりあえずリボルビング払いにすることで継続することにしました、一定額を超えると利子が発生し、2ヶ月目に支払いが増えてしまうので超えないような使い方になっています。しかもポイントはセゾンカードなら永久不滅ポイントですが、三井住友カードはポイントに期限があることからポイントを集める上でもメインのカードにはなかなかなりませんでした。

ただ、三井住友ビザカードは審査も厳しく信用度も高いのでサブカードとして年会費がかからなければ所持しておいてもいいということで持ち続けています。3枚のカードを持った結果、結局セゾンカードがメインカードとして落ち着きました。